よく見かける期間工の求人と年齢との関係性について

雇用と年齢の関係に関して把握することは大切です

よく求人募集がある期間工の仕事については、1時間の賃金が1000円~1500円程と高いレベルになっています。それから、ほかにも大手製造メーカーの福利厚生を享受できるので、年齢とは関係なしに惹き付けられる仕事といえます。しかしながら、40代以降に関しては不採用という情報も一部にはありますので、30代後半以後の方は、応募をためらわれる可能性があります。それ故、雇用と年齢との関係性について理解することは非常に重要になります。

年齢による制限がないので中高年でも可能性はあります

雇用対策法の改正が施され、求人で本人の年で制限を実施することが禁止されています。募集だけでなく、採用についても、均等な機会を与える必要があります。ひとつの例として40歳以下を募集といった記載は問題があります。工場内の作業で、荷物を持つ必要な作業という様に、就労内容と必要とされる能力を記さなければなりません。20歳であろうと40歳であろうと、同じようなキャパシティを持つならば区別をしてはいけないということを意味します。こうした意図からすると、40代であっても、仕事を消化することができるだけの基礎体力があるなら、区別されることなく、同じ様に仕事の機会を与えられます。期間工は3ヶ月あるいは6ケ月の短い期間の契約の取り交わしであり、長い期間にわたって育て上げるという目的で雇用しているということはありませんので、40代の方でも断念する必要はありません。

工場において従事する仕事の主な特徴

期間工の求人されている仕事は、厳しいという印象を持っている方が非常に多いようです。しかしながら、現実に勤務した人の体験談などを見ると、さほどハードなわけでもないことが見て取れます。中には、コンビニエンスストアのアルバイトのほうがハードという評価さえあります。工場の業務に関しては、それなりのコミュニケーションは求められるものの、接客業に比べてみると、人間と接触する機会はあまりなく、対人関係による身体にとって悪影響を及ぼすストレスも溜まりにくいということができます。人間によって合っているかどうかはありますが、スタミナに自信があって、対人関係が不得手で、製造メーカーの職場で勤めたいという人には向いています。期間工の業務の内容としては、工場を踏まえてのライン作業がメインになります。腕力があることも肝要になってきますが、ラストまで腕力をもたせられる持久力も求められます。一方で、多種多様な業務内容があります。同じようなライン作業でも、重い物を持つタスクやスピードを求められるタスク、手先の器用さが必要なタスクなど様々です。

記事一覧